HOME > お役立ち情報 > 中国の標準規格 > 中国標準規格の著作権について

中国標準規格の著作権について

標準著作権

中国政府機関から発布された中国標準規格は著作権保護の対象となります。 従って、著作権者の許可なく複製・翻訳・加工・販売・電子データで拡散することは、禁止されています。

  • 国家標準の著作権は国家標準化管理委員会、各種の業界標準の著作権は各業界標準の行政主管部門に帰属します。各地の地方標準の著作権は地方標準の行政主管部門に帰属します。
  • 2010年11月16日、国家標準化管理委員会(SAC)と国家認証許可監督管理委員会(CNCA)が共同で公布した「標準権利侵害海賊版のさらなる撲滅と標準著作権保護作業の強化に関する通知」を発行しており、その中で「6つの厳禁事項」を要求しています。

6つの厳禁事項

2010年11月16日、SACとCNCAが共同で公布した「標準権利侵害海賊版のさらなる撲滅と標準著作権保護作業の強化に関する通知」の中で謳われている6つの厳禁事項は下記の通りです。

  1. 標準の承認・公布部門の同意を得ない場合、いかなる組織あるいは個人であれ営利目的のために、標準(印刷版、ネットワーク版、電子版、光学ディスクなど)のいかなる部分を複製することを厳禁する。
  2. 標準の承認・公布部門の同意を得ない場合、いかなる組織あるいは個人であれ標準のいずれかの部分を電機情報ネットワークあるいは標準データベースを作成して伝達することを厳禁する。
  3. 標準の承認・公布部門の同意得ない場合、いかなる組織あるいは個人であっても標準の印刷、発行と標準を編纂することを厳禁する。
  4. 標準の承認・公布部門の同意を得ず、内部資料印刷許可書を取得しない場合、いかなる組織あるいは個人であれ「内部資料」名義による標準の印刷、発行、伝達および標準を編纂することを厳禁する。
  5. 標準の承認・公布部門の同意得ない場合、いかなる組織あるいは個人であれ非公式の審査承認あるいは、非公式に公布された標準を印刷、発行することを厳禁する。
  6. 国家標準化管理委員会から授権されない場合、いかなる組織あるいは個人であれISO/IEC標準出版物および関連作業文書の複製、販売、伝達、翻訳出版することを厳禁する。

※詳細につきましては、中国国家標準化管理委員会の発表している内容をご参照願います。

中国標準
規格
クイック検索
GBNAVI
PROで
情報先取り!