HOME > お役立ち情報 > 中国の標準規格 > 中国標準化の歴史と管理体制

中国標準化の歴史と管理体制

中国標準化管理体制の沿革

中国では、これまでに下表のような過程を経て、標準化を進めてきています。

できごと
1965年全国の標準化業務の管理責任を負う、標準局が発足。
1972年国家標準計量局が発足。
1978年国家標準総局が発足。
1982年国家標準総局から国家標準局へ改名。
1988年国家技術監督局が発足。全国の標準化、計量、品質、法執行の監督業務の責任を負う。
中華人民共和国標準化法を制定。基本的な標準体系を確立。
1998年国家技術監督局から国家質量技術監督局へ改名。全国の標準化、計量、品質、認証、法執行の監督業務の責任を負う。
2001年国家質量監督検験検疫総局(AQSIQ)が発足、中国国家標準化管理委員会(SAC)を立ち上げる。
2010年中国国家標準化管理委員会、標準信息中心(標準情報センター)を設立。
2017年中華人民共和国標準化法を改正。標準体系の抜本的見直しを実施。

中国標準化の管理体制

現在、中国における標準化は、下記のような機関によって、管理・推進されています。

中国標準化の管理体制

中国国家標準化管理委員会(SAC)の主な役割

中国で標準化活動の総監督的立場にあたるのが、中国国家標準化管理委員会(SAC)です。 以下に、その主な役割をご紹介します。

  1. 標準化法律・法規の起草、改定の参加、方針・政策の立案、規則の 管理、関連制度の制定、法律法規と規則制度の実施を組織。
  2. 標準化事業発展計画の制定、国家標準の制定・改訂計画の組織、 調整、編纂。
  3. 国家標準制定、改訂業務の組織、国家標準の統一審査、承認、付番、公布の責任を負う。
  4. 国家標準の制定・改訂経費と標準研究、標準化特別経費の統一管理。
  5. 標準化科技業務および関連する宣伝、教育、研修業務の管理と指導。
  6. 全国標準化技術委員会(TC)の関連業務の調整と管理の責任を負う。
  7. 業界、地方標準化業務の調整と指導。 業界標準と地方標準の登録業務の責任を負う。
  8. 中国代表としてISO、IECと他の国や地域の標準化組織に参加し、ISO、IEC中国国家委員会の業務を組織する責任を負う。
中国標準
規格
クイック検索
GBNAVI
PROで
情報先取り!