HOME > お役立ち情報 > 中国の標準制度 > 標準化活動の改革推進計画

標準化活動の改革推進計画

2015年3月15日、国務院は、各省、自治区、直轄市人民政府および各部、委員会、直属機関宛に対し、「国発[2015] 13号 国務院、標準化活動改革の推進計画を通知」を通知しています。

その要点をまとめると……

  • 標準規格の再分類:国家が定めるもの……強制国家標準、推奨国家標準、推奨業界標準、推奨地方標準の4種類と、市場によって自主的に制定されるもの……団体標準と企業標準の2種類とする。政府が主導的に制定する標準は基本的なものに重きを置き、市場によって自主的に制定される標準は競争力向上を旨とする。
  • 強制標準の整理・統合・簡素化:現行の3種の強制標準(強制国家標準、強制業界標準、強制地方標準)を、強制国家標準のみに統合。強制国家標準の対象は、健康と財産の安全、国家安全、生態環境保護、社会経済管理などに限定
  • 推奨標準の在り方の再定義:国家、業界、地方の守備範囲を合理的に明確化し、改正手順の簡素化、審査効率の向上、制定改正周期の短縮を進める
  • 団体標準の制定:業界団体が市場全体の競争力向上のために標準規格を作成することを推奨する。制定・発表に行政は関与せず、国務院標準化主管部門などが指針の制定を通じて監督
  • 企業標準の活性化:製品競争力の向上を目的に、企業が自主的に制定する標準。国家、業界、地方標準より高い基準であることが求められる。発表は自己宣言公開の形式を執り、公開された標準は標準化専門機関の評価を得ることを推奨。企業標準の品質を監督し、その活用を励行することで、製品・サービスの品質を社会的に監督する

これらの内容をタイムラインを設定して、国務院が陣頭に立って、実施するとしています。

通達のアウトライン

ここでは、以下の4つの項目からなる本通知の抄訳を掲載しています。

  1. 改革の必要性および緊急性の説明
  2. 改革が求める包括的なポイント
  3. 改革に向けた取り組み
  4. 改革のステージ毎に向けた取り組み

国発[2015] 13号 国務院、標準化活動改革の推進計画を通知~深化标准化工作改革方案~

I 改革の必要性および緊急性

  1. 経済成長に伴う新たな時代のニーズに合わせるため(現代農業やサービス業の標準が少ない。社会管理や公共サービス分野は始まったばかり。比較的標準が整っている工業分野でも省エネなどで更なる標準完備が必要)
  2. 標準の重複や矛盾をなくし統一的な管理を確立するため
  3. 社会主義市場経済の発展に合わせた合理的な標準体系確立のため(他国と異なり中国では団体標準に法律的位置づけがない、企業標準も政府への登録や審査が必要なために新しい物を生み出す力や競争力に欠けるなど)
  4. 標準化のための協力推進メカニズムが確立されておらず、効率的な標準化管理の妨げとなっているため

上記4つの問題点の根本原因は、現行の標準体系および標準化管理体制が1980年代に確立されたものであること。

II 改革の全体的な要求

  • 基本原則1 政府機構簡素化と権限移譲(団体標準の育成、企業標準の活性化など)
  • 基本原則2 国際的なスタンダードに合わせつつ国情に即した標準体系および標準化管理体制とする。
  • 基本原則3 国務院標準化主管部門による統一的管理を進めつつ、各部門で責任を分担
  • 基本原則4 法に則った行政や推進を行う(法律の改正など)

III 改革のための取り組み

政府が主導的に制定する標準を従来の6類から4類に調整。即ち、強制国家標準、推奨国家標準、推奨業界標準、推奨地方標準の4類とし、市場によって自主的に制定される標準を、団体標準と企業標準とする。政府が主導的に制定する標準は基本的なものに重きを置き、市場によって自主的に制定される標準は競争力向上を旨とする。

  1. 効率的で権威ある標準化統一協調機関を設立(国務院と関連部門による標準化協調推進機関)
  2. 強制標準の整合と簡素化(現行の強制国家標準、強制業界標準、強制地方標準を、強制国家標準に統合。強制国家標準は、健康と財産の安全、国家安全、生態環境保護、社会経済管理などの基本的な範囲に絞る)
  3. 推奨標準の最適化(国家、業界、地方の推奨標準の合理的な線引きや制定範囲を定める。改正手順の簡素化、審査効率の向上、制定改正周期の短縮など)
  4. 団体標準の育成(市場原理を重んじ、団体標準に行政許可を設定しない。団体が自主的に制定、発表するに任せ、優れないモノは市場原理によって淘汰される。国務院標準化主管部門と国務院の関連部門が、団体標準の発展に関する指針などを制定することで監督する)
  5. 企業標準の活性化(企業が必要に応じて制定。国家、業界、地方標準より高い基準の企業標準を奨励。企業による製品およびサービス標準自己宣言公開およびその監督制度を構築。公開された企業標準を標準化専門機関が比較・評価することを奨励。それによって社会による監督を強化)
  6. 国際的な見地における標準水準の向上(団体や企業による国際標準への参加を奨励。国際的発言力の強化)

IV 標準化活動の組織

第一段階(2015-16)、第二段階(2017-18)、第三段階(2019-20)に分け、計画の概要と担当部門などが記されている(例:国家標準法の改訂、2016年6月末まで。団体標準試行と団体標準発展指針制定など、2015年12月まで。企業による製品およびサービス標準自己宣言公開およびその監督制度の試行、2015年12月まで。団体標準の評価および監督システム構築、2017年まで)

関連記事

上記の通達が出て以来、中文に「標準化業務改革の推進」を意味する「深化标准化工作改革」を主題とした配信記事は、中央、地方を問わず、様々な行政機関から、強制標準の統廃合や企業標準自己宣言制度、団体標準など、個別の取り組みを除いたにもかかわらず、一年で40件出ています。

これまでにGB NEWSで配信してきたそうしたものの中から主だったものをご紹介します。

中央政府の動きを表示する
中央政府の動き
国家標準委、2020年までに新しい標準規格体系を構築[更新日] 2015/03/23
[情報源] 中国認証認可信息網
国発[2015] 13号 国務院、「標準化活動の改革推進計画」を公布[更新日] 2015/03/26
[情報源] NDRC(国家発展改革委員会)
国家標準委主任、「標準化活動の改革推進計画」についてインタビューに応じる[更新日] 2015/03/30
[情報源] AQSIQ(国家質量監督検験検疫総局)
国家標準委主任、新華社のインタビューで「標準化活動の改革推進計画」について語る[更新日] 2015/03/31
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国家標準委主任、2015年地方標準化活動フォーラムで改革推進計画の遂行徹底を指示[更新日] 2015/04/02
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
交通運輸分野における「標準化活動の改革推進計画」への取り組み[更新日] 2015/06/18
[情報源] 中国標準網
国家標準委、「製造業の標準化向上計画」編集業務会議を開催[更新日] 2015/07/03
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国務委員の王勇、標準化体制改革に関する講話を発表[更新日] 2015/07/03
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
質検総局と国家標準委、標準化活動改革のための部局間合同会議を開催[更新日] 2015/07/09
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国弁発[2015] 67号 国務院、「標準化活動の改革推進計画」基本方針(2015-2016年)を通達[更新日] 2015/09/10
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国家標準委責任者、国務院公布の「『標準化活動の改革推進計画』基本方針(2015-2016年)」を解説[更新日] 2015/09/16
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国家標準委の副主任、標準化技術委員会理事長に「標準化活動の改革推進計画」の重要性を強調[更新日] 2015/09/21
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国家標準委、地方標準の標準化活動改革に関する業務会議を12/3-4に開催[更新日] 2015/12/07
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国弁発[2015] 89号 国務院、「国家標準化体系の構築および発展計画(2016-2020年)」を公布[更新日] 2015/12/30
[情報源] 中国中央人民政府
標委弁[2016] 30号 国家標準委、2016年の国家標準立案に関する事項を通達[更新日] 2016/03/04
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国家標準委、推奨標準の最適化および再審査業務に関する座談会を開催[更新日] 2016/04/01
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
国家標準委公告[2016] 1号 「推奨国家標準の立案評価実施法(試行)」を公布[更新日] 2016/04/01
[情報源] SAC(国家標準化管理委員会)
中国標準
規格
クイック検索
GBNAVI
PROで
情報先取り!